2007年8月 の記事

「シャムスカ監督と過ごす、80℃ Cafe&Kitchenでの夕べ」

私や選手がよく食事をさせて頂いております、80℃ Cafe&Kitchen 大分明野ガーデンテラス店様のご協力を得まして、「シャムスカ監督と過ごす、80℃ Cafe&Kitchenでの夕べ」を開催する運びとなりました。これは当ホームページのMAILページより応援メッセージを頂いた方の中から抽選でご招待する企画です。
詳細は下記よりご確認下さい。皆様の熱い応援メッセージをお待ちしております。

応募方法はこちらをクリック (別ウインドウが開きます)

試合前々日の宿泊先より

2005年に私がトリニータの監督になってからしばらくして、ホーム戦であっても試合前日には選手と共にホテルに泊まるようにしました。理由は体調管理の為に管理食を与えられる事、休養をゆっくりと取れる事、選手同士のコミュニケーションや必要なマッサージ等が念入りに出来る事、そして気持ちの切り替えができる為などです。
AWAYの時は前日にVTRを見ながらのミーティングをし、当日試合時間が夕方の場合はそろって朝に散歩及びストレッチをします。そして前日見たVTRの中から、特に注意して見るべきところを編集したVTR(前日に私がスタッフと共に編集します)を見て最後の指示をだします。
今回は連戦という事もあり大分での前々泊となりましたが、夕方にスポーツパークでの練習を終えホテルで全員そろって食事をしました。食事の後はゆっくりとした時間をとらせ、疲れが溜まっている選手の為に写真のような軽食も準備しています。
このようにして私達は体調・コミュニケーション共に最高の状態にして試合に臨むのです。

試合前々日の宿泊先より試合前々日の宿泊先より

シャムスカ監督とのトークの夕べに参加してきました。

シャムスカ監督とのトークの夕べに参加してきました。 大分日本ポルトガル協会主催、大分トリニータ後援会協賛で行われていた、第二回目の「シャムスカ監督と語ろうポルトガル語講座」を受講された皆様が、一堂に会して「シャムスカ監督とのトークの夕べ」が大分市内にある“SHURRASCARIA CAFE BRASIL”で行われました。
  当日は大変多くの方々が参加されておりまして、本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。
  この活動は日本とブラジルの国際交流の一環として有意義な活動でありますし、また、受講された皆様が僅かな時間でここまで上達されているのかと思うぐらい頑張られている姿に感動し、講座の講師をしてくれているリシャ(U-12 コーチ)に感謝しております。今秋もこの講座が開催される予定と聞いておりますので、皆様ぜひご参加下さい。
  この度の準備等でご尽力頂きました、大分日本ポルトガル協会様、大分トリニータ後援会様、大分市企画部文化国際課様及び、大変おいしい料理を提供して頂いた、CAFE BRASILの皆様に感謝しております。

応援メッセージ紹介

 ホームページより頂きました応援メッセージを紹介させて頂きます。

差出人:けおさん
 監督VTRありがとうございました。とてもうれしかったです。監督はみんなの力が必要だと言ってくれましたが、シャムスカ監督こそトリニータに一番必要だと思います。監督がいてくれるからこそ強いチームになったのです。監督だから選手もサポも信じてついて行けるんです。どうか3年間ずっと一緒に夢を見続けてください。神戸戦頑張りましょう。ホームの力で勝ちましょう!

  けおさん、本当に心強い応援メッセージありがとうございます。サポータの皆様、選手、フロント、ボランティアの皆様、スポンサーの皆様、運営のお仕事をされている皆様、全ての力が結集されてこその力です。一緒に戦っていきましょう!!

コメントVTR

 多くの応援メッセージを頂きましたので、VTRにて感謝の気持ちを込めてコメントさせて頂きます。本当にありがとうございます。

■PLAYボタンをクリックすると音声と共にVTRが流れます。

エフエム大分にて、バサジィ大分 松田マルシオ選手とお会いしました。

 エフエム大分での収録後、バサジィ大分の松田マルシオ選手とお会いしました。彼は非常に好青年で礼儀正しく、また、熱くFリーグ開幕戦へ向けての思いを語ってくれました。今後とも大分のサポーターの皆様の為に頑張る事を誓いあいました。

エフエム大分にて、バサジィ大分 松田マルシオ選手とお会いしました。

矢野通訳は猛暑よりも熱い

 清水エスパルス戦での出来事です。ベンチから見ていて違和感を感じる判定があった時に、それを見ていた矢野通訳がいきなり立ち上がり、前に出て大きな声で抗議を始めました。私が矢野通訳に「私が何も言ってないのに、何を審判に向かってしゃべっているのか」と聞いたところ、“はっとした顔”をして照れながらベンチに帰ってきました。そんな熱い矢野通訳の活躍を暖かく見守って下さい。

ここで矢野通訳と同じくらい熱い応援メッセージを頂いた、小野さんのコメントを掲載させて頂きます。

差出人:小野さん
初めまして!トリニータの試合を毎回のように見に行っています。前半戦、トリニータは調子が良くないみたいでしたが、この前のFC東京戦は、選手一人ひとりが積極的だったので見てておもしろかったです。これからも大変だと思いますが、頑張ってください。

小野さん、これからも会場にて熱い応援よろしくお願いいたします。

FC東京戦に関して

 FC東京戦は、皆様の応援のおかげで勝利することができました。立ち上がりにいきなり失点してしまいましたが、逆に選手たちの気持ちが引き締まったという意味では良かったことかもしれません。
ハーフタイムのロッカールームで彼らの顔を見たときに、絶対に逆転できる試合だ、と確信しました。チームの状態が良いときには、試合前のアップの時や、ミーティングの時などにもそういう雰囲気の良さを感じることができるんです。
私がいつも選手に指示を与える際には、通訳を介してメッセージを送るのですが、順番としては、私が話し、それを通訳が日本語に訳して選手たちに伝える、というのが一般的な方法になります。しかしその試合に関しては、あえて同時通訳、という形で指示を与えました。やはり言葉だけでは伝わらない、気持ちの部分まで選手たちに伝えたかったのです。そしてそれは良い効果を生んだと思っています。
まだ順位も予断を許しませんし、これからも厳しい戦いが続きますが、今のチームは勝利に向かうための心の準備がしっかりとできる良い状態です。トリニータの勝利のために共に歩んでいきましょう。

公式サイト開設発表イベント 於:クラブトリニータ

公式サイト開設発表イベント 於:クラブトリニータ 多くのサポーターの方々のご参加を頂き、クラブトリニータにて公式サイト開設発表イベントを開催する事が出来ました。後半戦開始前の緊張感ある毎日の中で、本当に楽しい時間を過ごせました事を感謝しております。早くも社会貢献プロジェクトに関して共感を抱かれた方々からメールを頂きました。私はこのプロジェクトを一時のものと考えておらず、継続こそ大切であると考えております。一緒に貧困問題やスポーツ発展の為に何が出来るのかを考えていきましょう。
また、温かい応援メッセージも頂いております。そのうちの一つをご紹介させて頂きます。

差出人:しんちゃん。さん
HP 待ってました!(´▽`)/シャムスカ監督、大ファンです。
いつもトリニータのために、ありがとうございます!
僕は時々思います。
人間は、幸せの中に居る時、それをあまり実感することが出来なくて、なのに時間が経ち、そうでなくなってから「あの頃は幸せだったんだなぁ~」と思ったりする。。
そ・し・て、大分にとって、今 シャムスカ監督がトリニータに居てくれる時ってゆーのが、本当は とっても幸せな時間なんだろう、と思う(・_・) ・・・だけどシャムスカ監督の素晴らしい才能を考えると、さらなる活躍の場へ、将来、いつか大分を離れるときが来るのでしょう。。だから僕は、『 今、シャムスカ監督が 大分に居てくれるのを大切に、幸せを感じながら、大分を応援しよう♪ 』と、時々あらためて思い直すのです。。(=_=)
ほんと僕は、シャムスカ監督が、大分に居てくれて嬉しいです!(´▽`)/Jリーグ後半戦、始まりますね。 とにかく思い切って、頑張ってください♪

~ 共に戦う12番目の戦士達へ ~

~ 共に戦う12番目の戦士達へ ~ 私が日本語の公式サイトを立ち上げたは、大分トリニータの監督としての私を少しでも皆様に身近に感じて頂き、そして共に戦う12番目の戦士として、選手と私、そして大分トリニータを支えて頂きたいからです。
私はどんなに苦境な場面でもサポーターの皆様の応援の力で立て直す事ができるという事を、就任当初に実感しました。この熱いサポーターの思いと後押しがあればどんなに苦境な状況下にあっても、自信をもってプレーできる。そう確信したのです。
チームは7月の中断期間で、精神面、体力面をリセットして、後半に向かう準備をしました。補強も終わり、昨年見せたような快進撃を再びお見せできると確信しております。共に戦いながら栄冠に向かって進んで行きましょう。